韓国映画・ドラマ、洋画レビュー HanFilm

おすすめの韓国映画、韓国ドラマ、洋画レビュー!社会派多め。

【韓国ドラマ】#4『応答せよ1988(응답하라1988)』徹底解説 第6話「初雪が降っているんですよ(첫 눈이 온다구요)」

f:id:hanfilm:20200907211540p:plain


こんにちは!HanFilmです🌸

 

今回紹介するのはドラマ

 

『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』

(原題:응답하라1988)

 

第5話はこちら↓ 

www.han-film.com

 

10倍楽しめる徹底解説、第6話です!

第6話「初雪が降っているんですよ(첫 눈이 온다구요)」

韓服

ビビッドな絹を縫うソニョン。お馴染みの韓服カラーですね。「五方色」と呼ばれる黄色、白、黒の5色は、古くから衣食住に取り入れられ、大切にされてきました。現代では伝統的な韓服に加え、パステルカラーなど、淡い色も人気です。生活韓服と呼ばれる、洋服に似た形のものが作られ、ファッションとしても注目を集めています。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

로맨틱 생활한복 수설화(@soosulhwa)がシェアした投稿 -

(引用: ロマンティック生活韓服スソルファ)

 

当時の社会的な動向や、懐かしの物品の間に紛れた、当時のたちは、くすぐったくも微笑ましい若さです。ドクソンに借りた辞書を、ソヌがもともと持っていたことを知るジョンファン。このわかりやすい構図が切なくも可愛くて見守ってしまいます。

囲碁人気

1954年に韓国棋院ができ、88年に世界大会が行われたことで、囲碁は韓国国内で注目を集めます。テクのモデルとなったのは、当時若くしてスターとなったイ・チャンホ棋士です。劇中では棋譜までも、完璧に再現されています。

 

ドラマ『ミセン』でも、幼い時から棋院に通っていた主人公の姿が描かれ、大ヒットしました。『ミセン』では、技術の巧みさというよりも、囲碁の精神現代社会の重なりについて、丁寧に描かれています。

ラジオ

イ・ムンセのラジオ「星が輝く夜に(별이 빛나는 밤에)」は、1969年にスタートし、現在も続くラジオ番組です。現在は、バラエティー『ハートシグナル』にパネラーとしても出演した、作詞家キム・イナさんがパーソナリティーを務めています。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

김이나(@eanakim)がシェアした投稿 -

(引用: キム・イナ公式インスタグラム)

 

こちら、ポッドキャストで日本からも聴くことができますのでチェックしてみてください😊

 

映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』もそうであったように、時代を振り返るのにラジオはとても大きな役割を果たします。

 

ラジオから聞こえてくる声が、とても温かくほっとする空間を作り出します。当時の流行はもとより、ラジオを聴いていた時代の空気感をも纏っている気がします。ハガキを投稿するというシステムが、アナログの良さを詰め込んでいますよね。 

学生運動

ボラは高校生の喫煙を注意する際、どさくさに紛れて学生デモの文言を言わせます。

 

「国産品を愛用しよう」というのは、民族としての団結が強い韓国で、アメリカに支配されているという意識から来ていたのではないでしょうか。

 

70~80年代は特に、ナショナリズム、愛国心が前面に出ていました。「授業料自由化を阻止せよ」、「前政権の過ちを精算しろ」と力強く叫ぶボラでした。

当時の街角

新聞のテクの記事の横に、当時のカン・ヨンフン総理の記事が掲載されている辺り、ディテールがさすがです。

 

郵便物の住所が全て漢字表記です。ナショナリズムの台頭により、徐々にハングルへ移行していった韓国ですが、この時代はまだ、広く漢字表記が使用されていました。

酒瓶

本作に出てくる焼酎などのは、だいたいが茶色の瓶に入っています。日本ではビールは茶色の瓶が主流ですよね。しかし、近年の韓国ドラマでは必ずと言ってよいほど、緑色の焼酎(ソジュ)が登場します。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

참이슬(@official.chamisul)がシェアした投稿 -

(引用: チャミスル公式インスタグラム)

 

90年代以降、참이슬(チャミスル)처음처럼(チョウムチョロム)などが人気となり、緑の瓶が定着しました。

天才棋士

4人の仲の良さに、中国で一人闘うテク孤独感が際立ちます。世界の大舞台で活躍するテクですが、横丁の仲間というささやかな存在を、とても大切にしているのが、純粋で微笑ましいです。

 

どんなに活躍しても何も変わらない仲良し5人組の空気感は本当に心地よいですね。

初恋

初雪の日に告白するという文化は、お馴染み『冬のソナタ』『トッケビ』など、様々なドラマに出てきますね。定番でありながら色褪せないロマンチックな演出です。

 

誰かは初恋に泣き、また誰かは安心し、すれ違う切なさ。もちろん主軸として「ドクソンの夫は誰なのか?」に焦点が当たりますが、通常のラブコメのように、恋愛一点にフォーカスするのではなく、あくまでも日常の中のささやかな愛を描いているのが印象的です。

 

そして、全力で傷つくドクソンの姿が、可哀想と同時に愛おしくて仕方ないのです。ジェットコースターのようなドクソンの感情に、視聴者は振り回されながらも、その魅力に引き込まれずにはいられません。

カメオ出演 

2015年のボラ役 チョン・ミソン(전미선)

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

장가현(@jang.ga_hyun)がシェアした投稿 -

(引用: チャン・ガヒョン インスタグラム)

 

1970年生まれ。

 

出演作品

ドラマ

『田園日記』、『製パン王 キム・タック』、『ロイヤルファミリー』、『烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち』、『ポセイドン』、『太陽を抱く月』、『Who are you?』、『魔女宝鑑』、『偉大な誘惑者』他。

映画

『8月のクリスマス』、『殺人の追憶』、『母なる証明』、『マイ・ラスト・ラブ』、『わが国の語音』他。

 

昨年2019年に亡くなられましたね😢

君に

2015年で誰が大賞を取ったかで揉めるドクソンと夫。流れるのは、1988年MBC大学歌謡祭で大賞を受賞した、ロックバンド無限軌道그대에게(君に)です。

 


[R.I.P] Infinite Track - Infinite Love, 무한궤도 - 그대에게, 신해철, MBC College Mu

 

次回のネタバレでもありますが、第7話では、子どもたちが、誰が大賞を取るか賭けようと言う場面があります。世代の方たちは、既に答えを知っていて、若者たちは知らない状態で見ることになるという、視聴者も楽しめる本作ならではの演出ですね☺️

 

初雪と初恋が切ない第6話、いかがでしたか?

次回、第7話もお楽しみに!

 

 

第7話はこちら↓

www.han-film.com