韓国映画・ドラマレビュー HanFilm

おすすめの韓国映画、韓国ドラマレビュー!社会派多め。

【韓国ドラマ】『ユミの細胞たち2(유미의 세포들2)』(2022)レビュー

 

こんにちは!HanFilmです🌸

 

今回紹介するのは

ドラマ

 

『ユミの細胞たち2』

原題:유미의 세포들2

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

티빙 TVING(@tving.official)がシェアした投稿

(引用: TVING公式インスタグラム)

 

基本情報

ジャンル ロマンス、オフィス

話数 全14話

放送期間 2022年6月10日〜7月22日

制作 スタジオドラゴン、スタジオn、LOCUS

チャンネル TVING

演出 イ・サンヨプ、チュ・サンギュ

脚本 ソン・ジェジョン(『アルハンブラ宮殿の思い出』他)、キム・ギョンラン

原作 ウェブ漫画『ユミの細胞たち』イ・ドンゴン作

 

人気ドラマ『ユミの細胞たち』シーズン2が韓国で放送終了し、早くもシーズン3を待ち望む声が高まっています。

 

元々人気ウェブ漫画が原作だったため、原作ファンからの期待と不安も大きかった本作。それに加え人気作のシーズン2という重圧を背負ったわけですが、それらを見事に跳ね除け、シーズン2も大好評のうちに駆け抜けました!

 

 

キャスト

シーズン1からのキャストは、すでに紹介しているのでこちらをご覧ください↓

www.han-film.com

 

シーズン2から仲間入りしたキャストはこちら↓

ユ・ダウン役 シン・イェウン(신예은)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@__shinyeeunがシェアした投稿

(引用: シン・イェウン公式インスタグラム)

 

生年月日

1998年1月18日

 

所属事務所(2022年現在)

JYPエンターテイメント、npioエンターテイメント

 

出演作品

ドラマ

『A-TEEN(ウェブドラマ)』、『彼はサイコメトラー』、『おかえり』、『場合の数』、『キミと僕の警察学校』、『三人称復讐』、『ザ・グローリー』

映画

『言えない秘密』

 

アン・デヨン役 チョン・ソクホ(전석호)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

에이스팩토리 ACE FACTORY(@acefactory.official)がシェアした投稿

(引用: AceFactory公式インスタグラム)

 

生年月日

1984年5月2日

 

所属事務所(2022年現在)

AceFactory

 

出演作品

ドラマ

『ミセン』、『グッドワイフ』、『力の強い女ト・ボンスン』、『私たちが出会った奇跡』、『ライフ・オン・マーズ』、『ハイエナ』、『リセット~運命をさかのぼる1年~』、『智異山』

映画

『なせば成る』、『侵入者』、『グッバイ・シングル』、『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』、『ルシッドドリーム』、『7号室』、『虐待の証明』、『晩夏』、『ガール・コップス』、『ハード・ヒット 発信制限』

 

コントロールZ役 ピョ・ジフン/P.O(표지훈)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P.O(@pyojihoon_official)がシェアした投稿

(引用: P.O公式インスタグラム)

 

生年月日

1993年2月2日

 

所属事務所(2022年現在)

Artistカンパニー

 

所属グループ

Block.B(2011年〜)

 

出演作品

ドラマ

『愛の温度』、『トキメキ注意報』、『ボーイフレンド』、『ホテル・デルーナ』、『場合の数』、『マウス』

映画

『ニューノーマル』

 

新たな登場人物

インターン ユ・ダウン

シン・イェウンは10代から絶大な人気を得たウェブドラマ『A-TEEN』で、主人公の一人ド・ハナを演じました。そして2019年にはドラマ『彼はサイコメトラー』で、本作でユ・バビ役を演じたジニョンとともに主演を務めました。徐々に主演作品も増えてきている注目の女優さんです

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

티빙 TVING(@tving.official)がシェアした投稿

(引用: TVING公式インスタグラム)

編集長 アン・デヨン

ドラマ『ミセン』の時は絶妙に嫌な先輩キャラだったチョン・ソクホですが、コメディ要員としても有能です!そんなチョン・ソクホ演じるアン・デヨン。フルネームがちょっと面白くて…韓国語で「ダメです」は、アンドェヨ(안돼요)と言いますが、それをちょっと愛嬌を交えていうとアンドェヨンになるので、まずそこでクスッと笑えるのですが、彼の細胞たちのクセの強さには腹筋崩壊間違いなしです😂

イラスト作家 コントロールZ

そして独特な空気感を持つイラスト作家コントロールZを演じたのはBlock.BP.O。アーティストとしてだけでなく俳優としてもキャリアを積むP.O。人気ドラマ『ホテル・デルーナ』などを通し、俳優としての知名度も上げています。2022年3月から、最も過酷と言われる海兵隊に志願し入隊したP.Oは、入隊前最後の作品として本作の撮影を終えました

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

티빙 TVING(@tving.official)がシェアした投稿

(引用: TVING公式インスタグラム)

変化

さて、シーズン2ではユミライフステージの変化が描かれます。会社員として真面目に働き築き上げた安定。そして諦められず心の底に秘めた。その間で揺れ動く細胞たちのドタバタは、実はとても普遍的なものです。ユミの中の作家細胞、不安細胞、理性、感情総動員でのせめぎ合い。どちらを選んでも何かを得て何かを失う、正解のない人生に答えを求め奔走するユミ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

티빙 TVING(@tving.official)がシェアした投稿

(引用: TVING公式インスタグラム)

 

展開はドラマチックでありながらも、根本は世の中の30代女性のリアルを映したように見えます。シーズン1では恋愛を中心に、ク・ウン(アン・ボヒョン)との価値観の違いなどが描かれました。シーズン2でも描かれるのは恋愛が中心ではあるものの、ユミが自分なりに道を模索していく姿が描かれ、人生経験を積んでいく過程を見ることができます

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

티빙 TVING(@tving.official)がシェアした投稿

(引用: TVING公式インスタグラム)

青龍シリーズアワード

2022年7月19日に行われた、OTTサービス(※)を対象とした韓国初の授賞式、青龍シリーズアワードで、主演のキム・ゴウン主演女優賞を受賞しました!※Over-the-top media service…Netflix、TVING、wavveなどの配信サービス

 

ドラマ『マイ・ネーム』で助演男優賞にノミネートされ出席していたアン・ボヒョンが、会場で嬉しそうに祝福している姿が、ユミを見守るク・ウンにしか見えませんでしたありがとうございます👏また、最優秀賞をドラマ『D.P.』が受賞した最優秀作品賞にもノミネートされるなど、高い評価を得ています。

 

シーズン2、最後の最後で気になる人物が浮上しました…これは必ずシーズン3が出る。というか出てくれないと納得できない展開ですので、楽しみに待ちたいと思います😊

 

日本ではシーズン2もいずれAmazonPrimeVideoに登場するかと思いますが、また正式に発表があったら追記しようと思います😉

 

最後までご覧いただきありがとうございます!次の記事もお楽しみに!