韓国映画・ドラマ、洋画レビュー HanFilm

おすすめの韓国映画、韓国ドラマ、洋画レビュー!社会派多め。

【韓国ドラマ】#4『応答せよ1988(응답하라1988)』徹底解説 第12話「誰かを愛するということ(누군가를 사랑한다는 것은)」

f:id:hanfilm:20200907211540p:plain


こんにちは!HanFilmです🌸

 

今回紹介するのはドラマ

 

『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』

(原題:응답하라1988)

 

第11話はこちら↓ 

www.han-film.com

 

10倍楽しめる徹底解説、第12話です!

第12話「誰かを愛するということ(누군가를 사랑한다는 것은)」

深夜放送

深夜になるとテレビには、カラーバーとトーンが表示されました。日本では80年代後半になってテレビが24時間放送になりましたが、韓国では90年代に入ってからでした。

バーバリーマン

トオチという洋食店の無料券をもらったドンリョン。そこのビルで露出狂を見たというジャヒョン。遭遇したらサインをもらうと強気なドクソンです。

 

韓国で、露出狂ババリメン(바바리맨)と言います(笑) つまりバーバリーマントレンチコートを着るのは、日本のイメージと一緒ですが、ネーミングセンス(笑)

 

例の洋食店に来たドクソン、ドンリョン、ジョンファン、そしてテク。トイレに向かったドクソンは、露出狂に出くわします。

 

言い負かすドクソンでしたが、実は怖かったのです。後ろにいたテクが声をかけると泣き出してしまいます。泣き止むまでそばにいてくれるテクでした。

 

食べ物で機嫌が直るドクソン。美味しそうに食べる姿は見ている方が幸せになります。またトイレに行くドクソン。また変な人に会わないか怖がるヘリでしたが、様子を見に来たのはテクでした。

トトリムク(도토리묵)

他の家に分けようとドクソンに渡したトトリムクを、ソヌの家にボラが持っていきます。トトリムクは、どんぐりをデンプンで固めた韓国料理です。

f:id:hanfilm:20200927224316j:plain

恋模様

ボラとソヌ

電話するソヌボラ。夜中にこっそり電話するというシチュエーションが時代ですね。携帯のない時代特有の、実家の電話を使うスリルがドキドキです。

 

ボラにタメ口を聞いて怒られるソヌですが、ボラソヌのためにミニスカートを履いてきたのでした。

 

ソヌに会うために努力するボラドクソンのギャグに笑ってしまうジョンファン。変わり始めた関係にときめきますが、矢印は一つではないので、切ない面もありますね。

ソニョンとムソン

風邪をひきそうなソニョン。最近はムソンがいつもチンジュと遊んでくれています。今日はツインテールをしているムソンです(笑) 

ドクソンとジョンファン

朝、ジョンファンを待っていたのに、もう登校したと聞きガッカリするドクソン。別の日、早朝から学校に行くドクソンを見て、やっとやる気を出したかと感心するジェミョンですが…。

 

ジョンファンに会うために家を早く出たドクソンなのでした。ジョンファンより少し早く着いて待っています。ジョンファンがバスに乗り込んだ後に、タイミングを見て乗ってくるドクソン。純粋さにときめく名シーンです。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

류준열(@ryusdb)がシェアした投稿 -

(引用: リュ・ジュンヨル公式インスタグラム)

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

류준열(@ryusdb)がシェアした投稿 -

(引用: リュ・ジュンヨル公式インスタグラム)

おまけにこのシーンの演技指導をするシン・ウォノPD🤣可愛い🤣❤️

 

バスの運転手がコーヒーを買いに行きます。韓国では、運転手の都合で途中で止まることもしばしば(笑)

幸運の手紙

郵便屋を待つジョンボンですが、なかなかマギーからの返事は来ません。待ちに待った手紙を受け取ったと喜ぶジョンボン

 

f:id:hanfilm:20200927233916j:plain

 

しかしそれはマギーからではなく、幸運の手紙でした。日本でも流行った古典的なチェーンメールです(笑) 実は事故に遭い、手紙を書けなかったマギーでした。

のど自慢

ドンリョンは成人ビデオを持ってテクの家に行きます。見ようとしてドクソンに見つかり再生されますが、そこに映ったのは…「全国のど自慢」(笑) 友人に騙されたドンリョンでした。

 

1970年代に一度終了しながらも、1980年から名前を変え放送が始まり、現在も続く長寿番組として愛されています。

民間療法

ソヌが具合を悪くして早退します。同じ手を使って早退しようとするドンリョンですが、父親にピンで指の血を抜かれます。韓国の民間療法としてドラマなどでもよく出てきますよね。

ソヌの家

早退したソヌは、ムソンの店で、ムソンに風邪薬をもらうを見てショックを受けます。それでも気持ちを切り替えて、早退したと言わず帰宅するソヌでした。

ヤジャ(야자)

思いつめヤジャをサボって帰ったソヌは、またもムソンと仲良さそうな母を目撃します。

 

ヤジャとは夜間自律学習の略で、通常の授業が終わった後、夜の時間帯に学校の教室で集団で自習することを指します。今現在でも韓国では当たり前のように行われています。

 

日本では高校生の放課後といえば、または部活動ですよね。韓国では部活動が活発ではありません。塾に通う子はいますが、ヤジャが終わってから行くなど勉強熱心な国柄が見えます。

 

以前のエピソードで、家庭教師が禁止されていたと言いましたが、そのような課外活動の代わりとして導入された教育システムで、学歴社会の韓国ならではと言えますね。

子の思い

自分の知らないところで、家族のように振る舞う姿になぜだか腹が立ったのです。さらに、母が隠れて働いていることも知ってしまうソヌ。切なさが込み上げてきます。

 

仕事をする母の姿に涙が溢れるソヌ。母への愛ゆえに悩みます。それでも感情を押し殺す大人なソヌです。こんな時相談に乗ってくれるボラは大きな存在です。

 

母の苦労はソヌにはあまりに心の痛むことです。そして、ムソンの優しさに、変わってゆく関係性に腹も立つのです。

 

親の心子知らず、と言いますが、子の心も親にはわかりません。そんな気持ちの葛藤に、愛することについて教えてくれるボラ。こうしてソヌはもっと大人になっていくのでした。

ネズミの大量発生

テクの家でもネズミが出て、ドンイルはネズミ捕りを買ってきます。70〜80年代には「ネズミ捕り運動(쥐잡기 운동)」なるものまで存在していたとか。

テクの思い

王位戦に挑むテク。いつでも孤独な戦いです。寝不足で倒れそうなテクですが、ドクソンを見て笑顔が戻ります。

 

ドクソンの部屋のモンナンニ人形に注目です。キスしている人形が見えましたか?その相手は一体誰でしょうか?

 

恋愛の愛だけでなく、家族愛、友情も同じように温かく描かれる第12話、いかがでしたか?

次回、第13話もお楽しみに!

 

 

第13話はこちら↓

www.han-film.com