韓国映画・ドラマ、洋画レビュー HanFilm

おすすめの韓国映画、韓国ドラマ、洋画レビュー!社会派多め。

【韓国ドラマ】『ミセン〜未生〜(미생)』第3局レビュー

f:id:hanfilm:20201021111539p:plain

 

 

こんにちは!HanFilmです🌸

今回はドラマ、

 

『ミセン-未生-』

(原題: 미생)

 

第3局レビューです!

 

第2局はこちら↓
www.han-film.com

 

 

壁犬

オ課長の指令が分からず貿易用語を学ぶグレ課長はついに機会をくれたのでした。グレは素晴らしい記憶力と努力で用語をすぐに覚えます。

 

一緒にプレゼンをすることになったグレソンユル

 

壁犬(개벽)と呼ばれる変わり者ソンユル。女性を追い回しているようにしか見えなかった彼は、生地を追い回していたのでした。

 

f:id:hanfilm:20201022234734j:plain

 

世渡り上手なソンユルに振り回されるグレ。しかし、囲碁の世界に生きた勝負師としての経験は、確実にグレの助けになるのです。

会社と社会

囲碁の道を諦めてたどり着いた道。それでも仕事に必死に食らいつきます。

 

「一人起きていると思っていたが、いつでも世の中は僕より早く動いていた」

"남들이 아직 꿈 속을 헤맬거라 생각했지만 언제나 그렇듯이 세상은 나보다 빠르다"

 

一人で生きてきたグレですが、孤独のすぐそばに、ふと見れば常にそこに社会があったのです。少しずつグレの世界が広がっていきます。

 

ミスをして懲戒処分を受けることになるキム代理オ課長の態度で専務との確執を知るグレ

 

現場を知るソンユルは、実力は確かですが、前日にもまだ性格の食い違う2人。ソンユルのいいなりになるグレに、根性はないのかと言う課長

 

プライドは捨てて明日を生き延びないとと答えるグレを見て、オ課長は避けていた専務に会いにいきますが、専務は会ってくれず確執が深まります。

 

エレベーターでソンユルに、わざと足を引っ掛ける姑息な課長(笑) それは不器用ながらグレに対する同僚愛です。

 

現場のプライドとオフィスのプライドがぶつかり、屋上で殴り合いになります。ここでタイミングよく届いた個人プレゼン課題のメール。

 

f:id:hanfilm:20201022235007j:plain

 

「プレゼン相手に物を売ること」グレにまたしても難題が降りかかります。

 

ついに登場したナイスキャラハン・ソンユル(笑) 第3局、いかがでしたか?

次回、第4局もお楽しみに!