韓国映画・ドラマ、洋画レビュー HanFilm

おすすめの韓国映画、韓国ドラマ、洋画レビュー!社会派多め。

【韓国ドラマ】『ミセン〜未生〜(미생)』第9局レビュー

f:id:hanfilm:20201021111539p:plain

 

こんにちは!HanFilmです🌸

今回はドラマ、

 

『ミセン-未生-』

(原題: 미생)

 

第9局レビューです!

 

第8局はこちら↓

www.han-film.com

 

 

営業3課

最悪の人員補充によって営業3課にやってきたパク課長。波乱の幕開けです。

営業3課課長 パク・ジョンシク役 キム・ヒウォン(김희원)

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

yoo sun 유선(@yoo_sun0129)がシェアした投稿 -

(引用: ユ・ソン公式インスタグラム/写真右)

 

1971年生まれ。

 

出演作品

ドラマ

『眩しくて』、『一人酒男女』、『ゴハン行こうよ2』、『ミセン』、『星から来たあなた』、『九家の書』、『オー!マイレディ』他。

映画

『アジョシ』、『マイウェイ』、『明日へ』、『泣く男』、『愛のタリオ』、『僕らの青春白書』、『未成年』他。

 

 

モラハラ常習犯のパク課長グレはパシリとして使われます。

 

「自分の流れを守る姿勢が、最高の防御であり攻撃となる。」

나의 흐름을 흔들림 없이 견지하는 자세야말로 최고의 방어수단이자 공격수단이 되는 것이다.

 

この言葉はインターン全員の答えとなります。

 

キム代理を家に招き、囲碁をしていた過去を打ち明けます。

 

未熟だからといって、ハンデのない会社という社会で、何人もの人とコミュニケーションをしていく生き方は、囲碁の世界と似ているようにも思え、それよりもさらに不利な戦いでもあるのです。

 

「俺たちは成功や失敗ではなく、一生扉を開け続けていくのかもしれない。」

어쩌면 우린 성공과 실패가 아니라, 죽을 때까지 다가오는 문만 열어가면서 살아가는 게 아닐까 싶어.

 

資源課

それぞれの方法でもがくヨンイベッキヨンイプライドを捨て留まり、ハ代理の言う通り担当から外れ、嫌がらせを受けながらも雑用を始めるのでした。

繊維課

ソン代理せこさに気づくソンユル世渡り上手な人の中には、ずる賢く生きる人もいます。

 

極端な性格の悪さではなく、上司と部下で態度の違う二面性を持つ人は、実は現実に一番多いかもしれません。

鉄鋼課

決裁が保留にされ、理由を考えるベッキ基本という言葉がまとわりつきます。エリートとしての自惚れと自信は、強みでもありますが、会社という柔軟性を求められる場においては、邪魔にもなります。

 

最終的にプライドを捨てカン代理に助けを求めます。

 

それぞれの難題、それぞれの解決方法で奮闘する新入社員たち。パク課長がなんとも憎たらしい第9局、いかがでしたか?

次回第10局もお楽しみに!

 

第10局はこちら↓

www.han-film.com