韓国映画・ドラマレビュー HanFilm

おすすめの韓国ドラマ/映画レビュー!社会派多め。

【韓国ドラマ】『ザ・グローリー ~輝かしき復讐~(더 글로리)』(2022-2023) キャスト紹介+レビュー後半


こんにちは!HanFilmです🌸

 

今回は、前回に引き続きドラマ『ザ・グローリー ~輝かしき復讐~(더 글로리)』を紹介します!

 

キャスト紹介+レビュー前半はこちら↓

www.han-film.com

 

 

キャスト続き

チョン・ジェジュン役 パク・ソンフン(박성훈)

(引用: パク・ソンフン公式インスタグラム)

 

生年月日

1985年2月18日

 

所属事務所(2023年現在)

BHエンターテイメント

 

出演作品

ドラマ

『僕らのイケメン青果店』、『太陽を抱く月』、『黒の旋律』、『スリーデイズ』、『六龍が飛ぶ』、『嫉妬の化身』、『操作~隠された真実』、『マッド・ドッグ』、『黒騎士~永遠の約束~』、『たった一人の私の味方』、『ジャスティス-復讐という名の正義-』、『サイコパスダイアリー』、『すべき就職はしないで出師表』、『朝鮮駆魔師』、『善山』

映画

『霜花店 運命、その愛』、『チョン・ウチ 時空道士』、『コンジアム』、『上流階級』、『世宗大王 星を追う者たち』、『流布者たち』

 

ハ・ドヨン役 チョン・ソンイル(정성일)

(引用: チョン・ソンイル インスタグラム)

 

生年月日

1980年2月3日

 

所属事務所(2023年現在)

KeyEast

 

出演作品

ドラマ

『美賊イルジメ伝』、『イモン~禁断の愛』、『99億の女』、『秘密の森 シーズン2』、『パンドラの世界~産後ケアセンター~』、『タイムズ』、『花が咲けば、月を想い』、『バッド・アンド・クレイジー』、『私たちのブルース』

映画

『霜花店 運命、その愛』、『19』、『不器用なふたりの恋/フェア・ラブ』、『俳優は俳優だ』、『技術者たち』、『フランス映画のように』、『必ず捕まえる』

 

イ・サラ役 キム・ヒオラ(김히어라)

(引用: キム・ヒオラ インスタグラム)

 

生年月日

1989年3月18日

 

所属事務所(2023年現在)

パープルエンターテイメント

 

出演作品

ドラマ

『怪物』、『賢い医師生活 シーズン2』、『バッド・アンド・クレイジー』、『気象庁の人々』、『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』、『真剣勝負』

映画

『私の心の中のロック・アンド・ロール』

 

チェ・ヘジョン役 チャ・ジュヨン(차주영)

(引用: チャ・ジュヨン インスタグラム)

 

生年月日

1990年6月5日

 

所属事務所(2023年現在)

GHAST STUDIO

 

出演作品

ドラマ

『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』、『雲が描いた月明かり』、『月桂樹洋服店の紳士たち』、『ジャグラス〜氷のボスに恋の魔法を〜』、『油っこいロマンス』、『私を愛したスパイ』、『キマイラ』、『アゲイン・マイ・ライフ』、『最終兵器アリス』

 

ソン・ミョンオ役 キム・ゴヌ(김건우)

(引用: キム・ゴヌ インスタグラム)

 

生年月日

1992年1月10日

 

所属事務所(2023年現在)

ブロッサムエンターテイメント

 

出演作品

ドラマ

『サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~』、『ライブ ~君こそが生きる理由~』、『悪い刑事』、『恋するアプリ Love Alarm』、『君のハートを捕まえろ!』、『青春の記録(特別出演)』

映画

『ウルへ』、『ふぐ』

 

ハ・イェスル役 オ・ジユル(오지율)

(引用: クォン・ソニョン インスタグラム)

 

生年月日

2014年7月21日

 

所属事務所(2023年現在)

不明

 

出演作品

ドラマ

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』

映画

『スペース・スウィーパーズ』

 

カン・ヒョンナム役 ヨム・ヘラン(염혜란)

(引用: AceFactory公式インスタグラム)

 

生年月日

1976年10月30日

 

所属事務所(2023年現在)

AceFactory

 

出演作品

ドラマ

『ディア・マイ・フレンズ』、『記憶 ~愛する人へ~』、『THE K2』、『名もなき英雄<ヒーロー>』、『トッケビ』、『七日の王妃』、『世界でもっとも美しい別れ』、『刑務所のルールブック』、『ライブ~君こそが生きる理由~』、『無法弁護士~最高のパートナー』、『ライフ』、『椿の花咲く頃』、『チョコレート: 忘れかけてた幸せの味』、『賢い医師生活』、『悪霊狩猟団 カウンターズ』、『未成年裁判』

映画

『殺人の追憶』、『風のファイター』、『ただ君だけ』、『海にかかる霧』、『朝鮮魔術師』、『アイ・キャン・スピーク』、『隊長キム・チャンス』、『国家が破産する日』、『無垢なる証人』、『未成年』、『ガール・コップス』、『82年生まれ、キム・ジヨン』、『野球少女』、『ニューイヤー・ブルース』、『光と鉄』、『スペシャル・デリバリー』

 

加害者

学生時代に罰を受けることなく、そのまま大人になってしまった校内暴力の加害者たち。加害者と一括りに言いますが、全員が権力者の子供なわけではなく、玉の輿に乗ったヨンジンや、薬物中毒の芸術家サラなど、それぞれに状況が違い、単なる金持ちの集まりとは言えない集団です。CAになったへジョンは、一歩間違えば被害者になっていたかもしれない危うさのある人物として描かれています。

 

(引用: イム・ジヨン公式インスタグラム)

周辺人物

また、ヨム・ヘラン演じるDVの被害者ヒョンナムドンウンの協力者として動く彼女ですが、微妙に不安定な関係性の中でも、ふとしたドンウンの弱さを引き出す貴重な存在として映ります。彼女の行く末も気になるポイントです。

 

(引用: AceFactory公式インスタグラム)

 

そしてイ・ドヒョン演じるヨジョン。最初、互いを認識していないカフェでのシーンで、彼はお金の心配をすることなく学生生活を送る人物として、ドンウンと対照的に描かれました。キャスティングだけ見ると、ドンウンと恋人関係になると予想されたヨジョン。パート1の時点では恋愛に関するシーンはほとんどありませんでしたが、彼の過去にも迫ることが予想されるパート2での、主演2人の関係の変化にも注目です。

 

(引用: NetflixKorea公式インスタグラム)

 

被害者/復讐者であるドンウン、加害者であるヨンジンたちがメインではありますが、彼らを取り囲む人物、ヨジョン、ヒョンナム、ドヨンなどの動きが非常に大事になってくるパート2に期待感が高まります。

 

(引用: NetflixKorea公式インスタグラム)

 

見終わった方の心の平安を保つためにこの動画を貼っておきます…☺️

 

最後までご覧いただきありがとうございました!次の記事もお楽しみに!