韓国映画・ドラマ、洋画レビュー HanFilm

おすすめの韓国映画、韓国ドラマ、洋画レビュー!社会派多め。

【韓国ドラマ】『地獄が呼んでいる(지옥)』(2021) レビュー

f:id:hanfilm:20211123150315p:plain


こんにちは!HanFilmです🌸

 

今回紹介するのは、ドラマ

 

『地獄が呼んでいる』

原題:지옥

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

유아인YOOAHIN(@hongsick)がシェアした投稿

(引用: ユ・アイン公式インスタグラム)

 

基本情報

ジャンル ホラー、スリラー、ファンタジー

制作 クライマックススタジオ

話数 全6話

チャンネル Netflix

原作 ウェブトゥーン『地獄』(ヨン・サンホ、チェ・ギュソク作)

監督 ヨン・サンホ(『新感染 ファイナル・エクスプレス』他)

 

 

あらすじ

ある日、謎の生命体に地獄行きを宣告された人々。そこへ新興宗教「新真理会」が介入し、大混乱の時代が始まる。そんな世界で真実を求める人々の話。

キャスト

チョン・ジンス役 ユ・アイン(유아인)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

유아인YOOAHIN(@hongsick)がシェアした投稿

(引用: ユ・アイン公式インスタグラム)

 

生年月日

1986年10月6日

 

所属事務所(2021年現在)

UAA

 

出演作品

ドラマ

『必殺!最強チル』、『トキメキ☆成均館スキャンダル』、『ファッション王』、『チャン・オクチョン』、『密会』、『恋愛の発見』、『六龍が飛ぶ』、『シカゴタイプライター』他。

映画

『俺たちの明日』、『アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜』、『空と海』、『ワンドゥギ』、『優しい嘘』、『ベテラン』、『王の運命 歴史を変えた八日間』、『ハッピーログイン』、『バーニング 劇場版』、『国家が破産する日』、『#生きている』、『声もなく』他。

 

ミン・ヘジン役 キム・ヒョンジュ(김현주)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

YNKentertainment(@ynkentertainment)がシェアした投稿

(引用: YNKエンターテイメント インスタグラム)

 

生年月日

1977年4月24日

 

所属事務所(2021年現在)

YNKエンターテイメント

 

出演作品

ドラマ

『彼女の家』、『商道~サンド~』、『ガラスの靴』、『名家の娘ソヒ』、『きらきら光る』、『家族なのにどうして ~ボクらの恋日記~』、『私たちが出会った奇跡』、『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』、『アンダーカバー』他。

映画

『クリスマスに雪が降れば』、『シンソッキ・ブルース』他。

 

ペ・ヨンジェ役 パク・ジョンミン(박정민)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

샘컴퍼니(semcompany)(@semcompany_)がシェアした投稿

(引用: SEMカンパニー インスタグラム)

 

生年月日

1987年3月24日

 

所属事務所(2021年現在)

SEMカンパニー

 

出演作品

ドラマ

『深夜病院~傷だらけの復讐~』、『神々の晩餐』、『ゴールデンタイム』、『思春期メドレー』、『君たちは包囲された』、『モモサロン』、「一理ある愛」、『応答せよ1988(特別出演)』、『アントラージュ、『ミスター・サンシャイン』他。

映画

『Bleak Night』、『ダンシング・クイーン』、『空と風と星の詩人 ~尹東柱の生涯~』、『それだけが、僕の世界』、『スタートアップ!』、『タチャ ワン・アイド・ジャック』、『サバハ』、『ただ悪から救ってください』他。

 

ソン・ソヒョン役 ウォン・ジナ(원진아)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

원진아(@j0i3n2a9)がシェアした投稿

(引用: ウォン・ジナ インスタグラム)

 

生年月日

1991年3月29日

 

所属事務所(2021年現在)

ユボンカンパニー

 

出演作品

ドラマ

『ただ愛する仲』、『ライフ』、『僕を溶かしてくれ』、『先輩、その口紅塗らないで』他。

映画

『密偵』、『鋼鉄の雨』、『金の亡者たち』、『英雄都市』他。

 

ジン・ギョンフン役 ヤン・イクチュン(양익준)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

LINK8 ENTERTAINMENT(@link8enter)がシェアした投稿

(引用: LINK8エンターテイメント インスタグラム)

 

生年月日

1975年10月19日

 

所属事務所(2021年現在)

LINK8エンターテイメント

 

出演作品

ドラマ

『優しい男』、『感激時代~闘神の誕生』、『大丈夫、愛だ』、『夜を歩く士<ソンビ>』、『推理の女王』、『バッドガイズ2〜悪の都市〜』、『to. Jenny』他。

映画

『品行ゼロ』、『私たちの幸せな時間』、『ビバ!ラブ』、『息もできない』、『豚の王』、『我は神なり』、『君が描く光』、『春の夢』、『詩人の恋』、『あゝ、荒野(日本映画)』他。

 

ジン・ヒジョン役 イ・レ(이레)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

배우 이레(@leere0312)がシェアした投稿

(引用: イ・レ公式インスタグラム)

 

生年月日

2006年3月12日

 

所属事務所(2021年現在)

C.Jesエンターテイメント

 

出演作品

ドラマ

『グッバイマヌル』、『追跡者 チェイサー』、『オ・ジャリョンが行く』、『パパはスーパースター!?』、『六龍が飛ぶ』、『帰ってきてダーリン!』、『ラジオロマンス』、『アルハンブラ宮殿の思い出』、『スタートアップ:夢の扉』、『こんにちは? 私だよ!』、『ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です』、『ホームタウン』他。

映画

『ソウォン/願い』、『犬どろぼう完全計画』、『戦場のメロディ』、『七年の夜』、『無垢なる証人(特別出演)』、『ガール・コップス』、『新感染半島 ファイナル・ステージ』他。

 

ユジ司祭役 リュ・ギョンス(류경수)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

류경수(@ryurudtn)がシェアした投稿

(引用: リュ・ギョンス公式インスタグラム)

 

生年月日

1992年10月12日

 

所属事務所(2021年現在)

スタジオサンタクロースエンターテイメント

 

出演作品

ドラマ

『江南ママの教育戦争』、『TWO WEEKS』、『自白』、『梨泰院クラス』、『都会の男女の恋愛法』、『グリッチ』他。

映画

『冥王星』、『ミッドナイト・ランナー』、『赤ちゃんと僕』、『死体が消えた夜』、『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』、『抗拒:ユ・グァンスン物語』、『ディヴァイン・フューリー/使者』、『ザ・コール』、『人質』他。

 

SF作品

ドラマ『Sweet Home〜俺と世界の絶望〜』に似たCG構成で、リアルなゲームキャラクターのようなデザインでした

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Netflix Korea(@netflixkr)がシェアした投稿

(引用: NetflixKorea公式インスタグラム)

 

映画『新感染ファイナル・エクスプレス』からのゾンビブームといい、スペースオペラまで行かずとも、ディストピア的なSF作品を果敢に製作する韓国

 

Netflix資本ということも関係するかもしれませんが、エンタメにお金を使って良作を生み出すスパイラル、ぜひ続いてほしいものです

信仰

中東やアジアのある組織や国家をはじめとする武力や核の脅威に怯える世界情勢宗教という科学的に証明できない信仰というものが世界的に絶大な力を持つ人間社会。そうした現実の中に誕生した本作

 

劇中に登場し、狂信的な信義のために人を殺す信徒「矢じり(화살촉)」。フィクションと言い切るにはあまりに思い当たる話です

 

暴力的な好奇心と糾弾はまさに地獄。もしかしたら地獄よりも地獄である現世がつらい…

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Netflix Korea(@netflixkr)がシェアした投稿

(引用: NetflixKorea公式インスタグラム)

宗教

韓国にはキリスト教信者が多く、週末に教会に行くことも珍しくありません。仏教なども含めた宗教人口は50%を超え、宗教の身近さがわかります

 

韓国では、映画『サバハ』、ドラマ『SAVE ME』など、宗教を取り扱ったエンタメ作品もいくつかありますね

集団心理

「生きる意味」を見いだすことで信仰心を強固なものにするという狂気、それは決してドラマの世界の演出に留まりません

 

世界、そして宗教に対する解釈について、意味付けによって不条理を理解しようとする人々。思想を支配する宗教のパワーが見えてきます 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

류경수(@ryurudtn)がシェアした投稿

(引用: リュ・ギョンス公式インスタグラム)

感想

全6話構成のシーズン1前半と後半で視点(主人公)が変わりますが、基本的には対新真理会、対地獄という構図で、主人公の視点は視聴者と同じです

 

最初にモンスターが現れて以降はスピード感はあまり無く、あくまでドラマ的要素が前面に出ています

 

そしてそれぞれの家族が弱みとして描かれる点、いわゆる「胸糞悪い」作品です

 

後半に出てくる赤ちゃんのCGが怖かったです😂新生児を危険なアクションシーンに起用できない事情もありますが、CGの不気味なスムーズさが目立ちました

 

恐怖というよりもむしろ悔しさが込み上げてくる本作。宗教関係者の迫真の演技にはかなりイライラしました(褒めてる)

 

シーズン2への布石を残して終了したシーズン1、あまりにも残された謎が多く現時点での評価が難しい作品でした。シーズン2が早めに出てくれることを期待します!

 

最後までご覧いただきありがとうございます!次の記事もお楽しみに!