韓国映画・ドラマ、洋画レビュー HanFilm

おすすめの韓国映画、韓国ドラマ、洋画レビュー!社会派多め。

【韓国映画】#6『正直な候補(정직한 후보)』ネタバレありレビュー

f:id:hanfilm:20200929160636p:plain
こんにちは!HanFilmです🌸

 

今回紹介するのは映画

『正直な候補』

(原題:정직한 후보)

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

NEW 영화사업부(@itsnew_movie)がシェアした投稿 -

(引用:NEW映画事業部インスタグラム)

 

ラ・ミラン主演のコメディという、期待しかない作品です。

 

基本情報

韓国公開 2020年2月12日

ジャンル コメディ

上映時間 104分

監督   チャン・ユジョン(장유정)

制作会社 NextEntertainmentWorld(NEW)

 

 

あらすじ

嘘だらけの議員候補、チュ・サンスク。口を開けば嘘ばかりで、候補としてのイメージを保ってきた。そんなある日、突然嘘がつけなくなってしまったサンスク。どんどんボロが出るサンスクだったが、意外にも支持率は右肩上がりで⁉︎―。 

キャスト

チュ・サンスク役 ラ・ミラン(라미란)

  

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

NEW 영화사업부(@itsnew_movie)がシェアした投稿 -

(引用:NEW映画事業部インスタグラム)

 

1975年生まれ。

 

出演作品

ドラマ

『シンデレラマン』、『ファッション王』、『相続者たち』、『怪しい家政婦』、『ゴハン行こうよ』、『応答せよ1988』他。

映画

『僕の中のあいつ』、『キム・ソンダル』、『ミス・ワイフ』、『国際市場で逢いましょう』、『恋愛の温度』、『ソウォン/願い』、『ガール・コップス』他。

 

『応答せよ1988』ジョンファンの母親役として、コミカルかつ真面目に熱演しました。最近では映画『ガール・コップス』でも、コミカルで見事な演技を披露しました。

 

候補補佐官 パク・ヒチョル役 キム・ムヨル(김무열)

  

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

윤승아(@doflwl)がシェアした投稿 -

(引用:ユン・スンア公式インスタグラム)

 

1982年生まれ。

 

ミュージカル俳優としても活躍し、女優ユン・スンアの夫でもあります。

 

出演作

ドラマ

『イルジメ』、『妻が帰ってきた』、『バッドガイズ2』他。

映画

『あなたの初恋探します』、『ウンギョ 青い蜜』、『人狼』、『悪人伝』、『記憶の夜』他。

 

映画『記憶の夜』での影のある演技から一変、本作では突き抜けた笑いに全力投球でした。

 

祖母 キム・オクヒ役 ナ・ムニ(나문희)

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

NEW 영화사업부(@itsnew_movie)がシェアした投稿 -

(引用:NEW映画事業部インスタグラム/写真右上)

 

1941年生まれ。

 

出演作品

ドラマ

『私の名前はキム・サムスン』、『薔薇色の人生』、『思いっきりハイキック』、『蒼のピアニスト』他。

映画

『頑張れ!グムスン』、『光州5・18』、『怪しい彼女』、『小公女』他。

 

70年代から活躍する、誰もがきっと一度は見たことのある女優さんです。

 

夫 ポン・マンシク役 ユン・ギョンホ(윤경호)

  

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

Haejung Kim(@gowjd18)がシェアした投稿 -

(引用:キム・ヘジュン インスタグラム)

 

1980年生まれ。

 

出演作品

ドラマ

『リメンバー』、『トッケビ』、『ボイス』、『秘密の森』、『ミスターサンシャイン』、『梨泰院クラス』他。

映画

『タチャ 神の手』、『探偵なふたり』、『オクジャ』、『君の結婚式』、『マルモイ』、『完璧な他人』、『最も普通の恋愛』、『スタートアップ!』他。

 

映画『完璧な他人』での大人しい役から、『最も普通の恋愛』での底抜けに明るい役まで、様々な役を演じていますが、本作でのラ・ミランさんに翻弄される夫役はとってもハマり役でした🤣

踊る候補

日本でも選挙演説や選挙カーを見かけますが、韓国の選挙戦一味違いますよね!

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

NEW 영화사업부(@itsnew_movie)がシェアした投稿 -

(引用:NEW映画事業部インスタグラム)

 

日本ではまず見ない光景ですが、韓国では選挙期間、音楽ガンガンで候補者が現れます。

 

トロットだけでなく最近ではTWICEなどの人気曲も採用され、支持者が躍りまくるという、韓国らしい宣伝方法ですね。

 

候補者ごとにイメージカラーがあるというのも韓国ならではですかね?日本ではイメージカラーなどを、使用している印象がないように思います。

 

劇中でもSNSを通して猛アピールする候補者たちがいたように、エンターテイメント性のある韓国の選挙戦、その雰囲気を知ることのできる珍しい映画です。

華麗な嘘

ブラジル映画のリメイクという本作。ユーモア満載で笑わずにはいられません。

 

政治、選挙戦といえば、汚職、不正、野心、そんなシリアスなドラマになりやすいです。

 

確かに不正にまみれた候補ですが、そこはラ・ミラン。完璧にコメディ路線に乗せていきます。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

NEW 영화사업부(@itsnew_movie)がシェアした投稿 -

(引用:NEW映画事業部インスタグラム)

 

政治家がクリーンだなんて、もはや誰も信じていないですよね。そんな国民の疑いを絵に描いたかのように、スラスラと嘘を並べ立てるサンスク

 

補佐官ヒチョル(キム・ムヨル)の耳打ちで、「膝の調子はどうなりました?」、「お子さんはまだ待機児童なの?」などと、道で会う人たち全員を気にかけているように装います。

 

映画『プラダを着た悪魔』でも、そうやって耳打ちをするシーンがあったような(笑)

 

さらに住む場所をも偽装して、庶民的アピールも怠りません。ご近所さんに見られながら、仮の家に入っていき、その後こっそり豪邸に移動するのです。 

祖母は生きていた⁉︎

この作品で外せないのが、サンスク祖母死んだことにされていますが、実は人里離れた場所で生きています。

 

なんと祖母死を偽装して、財団を設立。祖母は友人とも連絡を取らず、細々と暮らしていたのです。

 

割とライトに描かれますが、普通にやばすぎですよね(笑)

 

そしてこのおばあちゃん、強烈です。普通に中指立てるし(笑) 

 

それでもを思いやる祖母は、ある夜、「孫をまっとうな人間にしてくれ」とお祈りします。そしてその願いが叶ってしまうというファンタジー展開

正直者サンスク

祖母の願いが天に聞き入れられた翌日、何も知らないサンスクが目を覚ますと、嘘がつけなくなってしまっていました。

 

暴走が止まらないサンスク。ラジオでは失言しまくり、本音をぶちまける始末。

  

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

NEW 영화사업부(@itsnew_movie)がシェアした投稿 -

(NEW映画事業部インスタグラム)

 

そんな中、アメリカで暮らし、兵役逃れする息子が帰国します。スキャンダルになりうる彼ですが、さらに彼はサンスク実子ではないのです。(情報過多)

  

主婦たちの前で演説するサンスク。歩道橋と公園を作ったのは私です!とアピール。

 

そこへ他の候補者が乱入し、テウォングループの子会社が、歩道橋と公園を建設したと主張します。

 

サンスクは表向きは、保険問題で争っていましたが、実は賄賂を受け取っていたのです!

 

家から山ほど賄賂として受け取った品が出てきます。そしてなんと住んでいる豪邸もテウォングループの借家でした。

 

正直になってしまい、下がると思っていた支持率が爆上がりします。そして出来上がったキャッチフレーズが

 

「正直な候補」

 

方向転換したサンスクは思う存分本音をぶちまけ、人気を獲得していきます。

 

「政府が”安心して”と言うときは、何か裏があるのよ」

その通りですね…。

 

初めは本当に、貧しい学生のために始めた活動だったのに、政治の忖度によって、いつの間にか腐り果ててしまったサンスクでした。

 

そして、祖母の願いは「嘘をつかないようにしてください」ではなく、

 

”철 좀 들게 해주세요” つまり

「ちゃんと大人になりますように」でした。

 

真っ当になるとか、大人になるという意味ですが、日本語訳がどうなるのかも気になります。

 

完全に私の勝手な脳内変換で「嘘をつかないように」という願いだと思ってました(笑)

 

もちろんそういうニュアンスでもあったと思いますが、後半に出てくることで、違った見方になりますね。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

NEW 영화사업부(@itsnew_movie)がシェアした投稿 -

(NEW映画事業部インスタグラム)

 

そして、再び嘘がつけるように戻ったサンスク。自分を守るための嘘ばかりでしたが、嘘もときには、善き武器になるのだと証明します。そして祖母の願いは叶えられたのでした。

 

当然当選はせず、結局お縄になるサンスクでしたが、獄中で「슬기로운 감빵일기(賢い刑務所日記)」という本を出し、ヒットします(笑)

 

タイトルが完全に「刑務所のルールブック(賢い刑務所生活)」でしたね(笑)

 

2年後、ソウル市長選に出馬した彼女が言った何気ないセリフ、

「私は、国民の手榴弾よ」

めちゃくちゃシビれました🤣

 

最初から最後まで猛スピードで駆け抜ける、ひたすら笑えるコメディでした!

 

周囲の政治家たちに翻弄されるサンスクでしたが、現実の候補たちはもっと壮絶なのかもしれません…。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

次回もお楽しみに!😁