韓国映画・ドラマ、洋画レビュー HanFilm

おすすめの韓国映画、韓国ドラマ、洋画レビュー!社会派多め。

【韓国映画】『君の誕生日』(2019) レビュー🎗

f:id:hanfilm:20210531011521p:plain

 

こんにちは!HanFilmです🌸

 

今回紹介するのは、映画

 

君の誕生日

原題: 생일

 

現在日本ではNETFLIXで配信中です!(2021.05.31時点)

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

kim sia . kim bomin♡🎗(@eun081012)がシェアした投稿

(引用: キム・ボミン インスタグラム)

 

基本情報

ジャンル ドラマ

公開 2019年4月3日

監督 イ・ジョンオン

制作 パインハウスフィルム

   ナウフィルム

   映画社レッドピーター

配給 NEW

上映時間 120分

 

 

あらすじ

セウォル号沈没事故により息子スホを失ったスンナム(チョン・ドヨン)は、娘イェスルと暮らしていた。ある日、ベトナムで働いていたジョンイル(ソル・ギョング)が帰国する。今年もやってくるスホの誕生日に、家族は、そして残された人々は何を思うのか—。

キャスト

チョン・ジョンイル役 ソル・ギョング(설경구) 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

씨제스 엔터테인먼트 l C-JeS(@cjes.tagram)がシェアした投稿

(引用: C.Jes公式インスタグラム)

 

1968年5月1日生まれ。

 

所属事務所(2021年現在)

C.Jesエンターテイメント

 

出演作品

ドラマ

『聖徳太子』他。

映画

『ペパーミント・キャンディー』、『オアシス』、『私にも妻がいたらいいのに』『冬の小鳥』、『ソウォン/願い』、『監視者たち』、『名もなき野良犬の輪舞』、『殺人者の記憶法』、『1987、ある闘いの真実』、『悪の偶像』他。

 

パク・スンナム役 チョン・ドヨン(전도연) 

(引用: マネジメントSOOP公式インスタグラム)

 

1973年2月11日生まれ。

 

所属事務所(2021年現在)

マネジメントSOOP 

 

出演作品

ドラマ

『われらの天国』、『若者のひなた』、『愛するまで』、『プラハの恋人』、『グッドワイフ』他。

映画

『私にも妻がいたらいいのに』、『ユア・マイ・サンシャイン』、『シークレット・サンシャイン』、『マルティニークからの祈り』、『男と女』、『白頭山大噴火』、『藁にもすがる獣たち』他。

 

チョン・イェスル役 キム・ボミン(김보민)
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

kim sia . kim bomin♡🎗(@eun081012)がシェアした投稿

(引用: キム・ボミン インスタグラム)

 

2010年10月1日生まれ。

 

所属事務所(2021年現在)

スーパーダディ

 

出演作品

ドラマ

『ザ・キング: 永遠の君主』、『チョコレート: 忘れかけてた幸せの味』、『ハベクの新婦2017』、『完璧な妻』、『天上の約束』他。

映画

『出国 造られた工作員』、『虐待の証明』、『ザ・ネゴシエーション』、『ツタ(原題)』他。 

 

チョン・スホ役 ユン・チャンヨン(윤찬영) 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

윤찬영 Yoon chanyoung(@yooncy1)がシェアした投稿

(引用: ユン・チャンヨン公式インスタグラム)

 

2001年4月25日生まれ。

 

所属事務所(2021年現在)

スノーボールエンターテイメント

 

出演作品

ドラマ

『男が愛する時』、『モンスター』、『カプトンイ』、『ママ〜最後の贈り物〜』、『六龍が飛ぶ』、『浪漫ドクター キム・サブ』、『ハベクの新婦2017』、『医師ヨハン』、『17歳の条件』、『30だけど17です』、『誰も知らない』、『ブラームスは好きですか?』、『今、私たちの学校は』他。

映画

『本当にきれいなもの』、『マンホール』、『少女怪談』、『あなたの頼み』他。

 

ウチャンの母役 キム・スジン(김수진)
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

스타빌리지엔터테인먼트(@starvillage.ent)がシェアした投稿

(引用: スタービレッジエンターテイメント インスタグラム)

 

1974年9月29日生まれ。

 

所属事務所(2021年現在)

スタービレッジエンターテイメント

 

出演作品

ドラマ

『シグナル』、『ドクターズ』、『グッドワイフ』、『嫉妬の化身』、『青い海の伝説』、『浪漫ドクター キム・サブ』、『怪しいパートナー』、『刑務所のルールブック』、『ミスティ』、『知ってるワイフ』、『王になった男』、『賢い医師生活』、『半分の半分』、『九尾狐伝』、『ナビレラ』、『アンダーカバー』他。

映画

『1987、ある闘いの真実』、『アシュラ』、『沈黙』、『エターナル』、『無双の鉄拳』、『シークレット・ジョブ』、『クローゼット』他。

 

チョン・スク役 イ・ボンリョン(이봉련)
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

씨제스 엔터테인먼트 l C-JeS(@cjes.tagram)がシェアした投稿

(引用: C.Jes公式インスタグラム)

 

所属事務所(2021年現在)

C.Jesエンターテイメント

 

出演作品

ドラマ

『応答せよ1994』、『明日、キミと』、『あなたが眠っている間に』、『天気が良ければ訪ねていきます』、『SweetHome-俺と世界の絶望-』、『それでも僕らは走り続ける他。

映画

『国際捜査』、『サムジングループ英語TOEICクラス』、『82年生まれ、キム・ジヨン』、『EXIT』、『バーニング』、『暗数殺人』、『麻薬王』、『タクシー運転手〜約束は海を越えて〜』、『オクジャ』、『殺人の告白』、『王になった男』、『三姉妹』他。

 

ウチャン役 タン・ジュンサン(탕준상) 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

탕준상(@t_js0813)がシェアした投稿

(引用: タン・ジュンサン公式インスタグラム)

 

2003年8月13日生まれ。

 

所属事務所(2021年現在)

C&Lカンパニー

 

出演作品

ドラマ

『愛の不時着』、『詩を忘れた君へ』、『ムーブ・トゥ・ヘブン-私は遺品整理士です-』、『ラケット少年団』他。

映画

『ヨンジュ』他。

 

ソンジュン役 ソン・ユビン(성유빈) 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

성유빈(@binibinbiririn)がシェアした投稿

(引用: ソン・ユビン インスタグラム)

 

2000年7月25日生まれ。

 

所属事務所(2021年現在)

UAA

 

出演作品

ドラマ

『無情都市』、『幻想の巨塔』、『大丈夫、愛だ』、『グッドワイフ』、『黒騎士~永遠の約束~』、『ミスター・サンシャイン』他。

映画

『ワンドゥギ』、『ブラインド』、『パパロッティ』、『マンホール』、『純情の時代』、『アイ・キャン・スピーク』、『神と共に: 罪と罰』、『最後の息子』、『ユニへ』他。

 

チュ・ウンビン役 クォン・ソヒョン(권소현) 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

권소현 💕(@kkwonsso_94)がシェアした投稿

(引用: クォン・ソヒョン公式インスタグラム)

 

1994年8月30日生まれ。

アイドルグループ4MINUTE出身。

 

所属事務所(2021年現在)

マネジメントオルム

 

出演作品

ドラマ

『あんぱん』、『パリの恋人』、『クリミナル・マインド』、『初対面だけど愛してます』、『潜入弁護人』他。

映画

『恋愛術士』、『マイ・ラスト・ラブ~私に残った愛を~』 、『権力に告ぐ』、『全く同じである彼女』他。

 

セウォル号沈没事故

この映画の背景にあるのは、2014年4月16日に起きた「セウォル号沈没事故」です。

 

当時、韓国のみならず日本、そして世界を震撼させた大事故でした。

 

仁川港を出た大型船セウォル号が済州島に向かう途中、沈没した事故で、大勢の修学旅行生たちを含む299名が亡くなり、行方不明者5人の大惨事となりました。

 

この事故に関しては、船長の責任逃れをはじめ、船体の改造や不備など、あらゆる問題が付随し浮き彫りとなり、未だに社会の関心を集めています。

 

本作は、そんなセウォル号沈没事故後の遺族に焦点を当てた作品です。

感想

あの日から、ニュースで見る映像を直視できなかった私。

 

泣き崩れる遺族の姿から目を逸らした私。

 

赤の他人がこんなに辛いのなら、家族は、友人は、と考えてしまいます。

 

事件や事故は、ある日突然、勝手にやってきて傷跡を残すだけ。

 

一方的に負った傷は、人間自らが癒して進んでいかなければいけない不条理な試練です。

 

人の数だけ違う境遇があり、視点があり、感情があり。

 

スホの父、母、妹、叔母、友人。

 

その全員の、進むしかない道の上に現れるスホとの思い出。

 

遺族という括りからは見えてこない、それぞれの感情を垣間見た映画でした。

 

綺麗な言葉で飾ってしまえば前に進めるような気がして、けれどそんなことはなく。

 

受け入れるとか、前に進むとか、言葉にできる終着点がなくても、スホを思う皆の涙と笑顔を見られればそれでいいと思える映画。

 

スホを思い出すことは、を感じると同時に、大きく深い傷に触れる恐怖と共にあります。

 

さまざまな葛藤の末に向き合う深い悲しみの中に、幸せな記憶もあり続けます。

 

スンナムの家の玄関の、壊れたセンサーライト

 

その描写は、苦しくも、優しくもありました。

 

大きな悲しみと愛が共存し続ける彼らの人生。

 

2014年4月16日、あの日を忘れません。🎗