韓国映画・ドラマ、洋画レビュー HanFilm

おすすめの韓国映画、韓国ドラマ、洋画レビュー!社会派多め。

【韓国ドラマ】#4『応答せよ1988(응답하라1988)』徹底解説 第10話「MEMORY」

f:id:hanfilm:20200907211540p:plain


こんにちは!HanFilmです🌸

 

今回紹介するのはドラマ

 

『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』

(原題:응답하라1988)

 

第9話はこちら↓

www.han-film.com

  

10倍楽しめる徹底解説、第10話です!

第10話「MEMORY」

イタリアW杯

新聞記事の「サッカー韓国代表ファン選手 アジア予選で本領発揮」の文字。1990年FIFAワールドカップに向けて、黄善洪(황선홍)選手が注目されていました。

『ラ・ブーム』

ドクソンノウルが見入っているのは、映画『ラ・ブーム』です。映画『サニー 永遠の仲間たち』でもフィーチャーされたこの映画、80年代を代表する名作です。

 

ミランにヘッドホンをつけるソンギュン。映画『ラ・ブーム』の名シーンのパロディです。


LA BOUM - Reality - Richard Sanderson (HD)

スパム

スパムを盗み食いするジョンボン。ミランが、「アメリカの高級ハム」と呼ぶのはそれです。スパム握りなどは、現在も日韓ともに人気がありますね。

家出

ドンリョンの母は保険販売員です。誕生日の朝、のわかめスープを期待していたドンリョンですが、急用ができたは既に出かけた後でした。ショックを受けたドンリョンは家出します。

 

いつも明るいドンリョンの寂しさが、とても悲しい場面ですね。仲の良い横丁の中で、ドンリョンの母は全然登場しないですよね。共働きの方が珍しいこの横丁は、現代の家庭環境と大きく違います。

 

ボラの運転で、海まで行ったドンリョンを迎えに行く仲間たち。ドライブにノリノリなドクソンです。ドンリョンがいたのは大川海水浴場(대천 해수욕장)です。ソウルより南、大田(テジョン)の西側にある避暑地です。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

대천해수욕장 "2278리조트"(@2278resort)がシェアした投稿 -

(引用: 2278リゾート インスタグラム)

 

ミルキス(밀키스)のポスターが映ります。ミルキス1989年に、チルソンサイダーでお馴染みロッテチルソン飲料から発売された炭酸飲料です。日本で言うとカルピスソーダに近い味です。現在では缶で販売されていますが、当時は瓶タイプもあったようです。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

롯데칠성음료(@lottechilsung)がシェアした投稿 -

(引用: ロッテチルソン飲料公式インスタグラム)

 

憂鬱な誕生日

ソンギュン誕生日に、2000万ウォンの新車を買ってあげたと言うミラン中古車を買ってきたソンギュンに、ミランジョンファンは内心失望します。

 

ソンギュンの誕生日を祝う子どもたち。생신 축하드립니다(お誕生日お祝い申しあげます)は、생일 축하합니다(誕生日おめでとうございます)よりも丁寧な表現ですね。

 

ソンギュンは、毎年誕生日になると気分が沈みます。本人にも理由がわからず、どうしていいかわからない家族。

 

そんな時、ミランはガラクタの中から、カセットテープを見つけます。そこに記録された声。ソンギュン母親の声です。今は亡き母の記憶に涙するソンギュンでした。

 

映像が残っていることはもちろん素晴らしいことですが、音声だけで蘇る記憶はまた、味わいのあるものです。そして、母親はたとえいなくなっても、死ぬまで心に残る存在です。 

소개팅(ソゲッティング)

ソゲッティングとは、紹介(ソゲ)meeting の合成語です。お見合いに例えられがちですが、ブラインドデートの方が近いです。

 

お見合いほど堅苦しいものではなく、友人の紹介によって会う、気軽な出会いの場で、若者の間で行われる場合がほとんどです。

 

友人たちに言われ、ジョンファン「紹介されたんだけど、ソゲッティングするべき?」と聞いてみるドクソンに、「行くな」と言うジョンファン。珍しく素直です!!これで本格的に関係の矢印が見えてきましたね。

イ・ソニのコンサート

ソヌからのコンサートの誘いを断ろうと、自習室にチケットを置いていくボラ。しかし、ソヌが自習室に行かず、コンサート会場に向かったと知ったボラは、急いで会場に向かいます。オリンピック競技場で行われたイ・ソニのコンサートです。

 

イ・ソニ1984年にデビューした歌手です。「Jへ(J에게)」がヒットし、注目を集めました。その後も次々とヒット作を発表しました。

パロディ

ジョンボンが言う“사랑해요 오마니”は、当時のミルキスのCMのパロディです。本家は”사랑해요 밀키스!”と言って缶にキスをするのですが、ジョンボンミランにしていました(笑)


[옛날TV] 주윤발 밀키스 광고(89년)

 

マギーの住む家が公開されますが、本当に豪邸です…!ゲームに夢中でチンピラに囲まれたことに気づかなかったジョンボン。街中を逃げ回ります(笑)そしてマギーの差す傘に入ります。

 

カン・ドンウォン主演の映画『オオカミの誘惑(늑대의 유혹)』のパロディです。映画『オオカミの誘惑』は、18歳の少女の描いたオンライン小説を原作に、2004年に公開された映画で、パロディされたシーンはあまりに有名です。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

Netflix Korea(@netflixkr)がシェアした投稿 -

(引用: NetflixKorea公式インスタグラム)

 

時系列的には時代が合いませんが、有名なシーンだったため使用されたのではないかと思います。演出が笑えるジョンボンマギーの出会いです。

直進男

直進するソヌに、ついに付き合おうと言うボラでした。無表情で常に機嫌の悪いボラですが、そんな頑固ボラに向かって、真っ直ぐな気持ちを送り続けるソヌは、案外ぴったりなのかもしれません。

 

韓国ではこうやって、意中の相手に一途に、ストレートに思いを伝える男性を직짐남(直進男)と呼びます。ソヌはまさに絵に描いたような직짐남ですね。

 

全員の思い出の詰まった第10話、いかがでしたか?

次回、第11話もお楽しみに!

 

 

第11話はこちら↓

www.han-film.com