韓国映画・ドラマ、洋画レビュー HanFilm

おすすめの韓国映画、韓国ドラマ、洋画レビュー!社会派多め。

【韓国ドラマ】『賢い医師生活 2(슬기로운 의사생활 2)』第2話 レビュー前半

f:id:hanfilm:20210619155030p:plain


こんにちは!HanFilmです🌸

 

今回は、ドラマ

 

賢い医師生活2

슬기로운 의사생활2

 

第2話レビュー前半です!

 

第1話レビュー前半はこちら↓

www.han-film.com

 

 

 

ジョンウォンの告白

週末、話があるというジョンウォン

 

バンドの練習前、鍋いっぱいのラーメンをつつく5人。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

슬기로운 의사생활(@hospitalplaylist_official)がシェアした投稿

(引用: 賢い医師生活公式インスタグラム)

 

デザートのいちごまで、今週も飯テロです!

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

슬기로운 의사생활(@hospitalplaylist_official)がシェアした投稿

(引用: 賢い医師生活公式インスタグラム)

 

キョウル付き合っていることを打ち明けるジョンウォン

 

ジョンウォンの知らないところで恋のキューピッドだったイクジュンは一際嬉しそうです

キム・スジョンのケース(続き)

担当:産婦人科 ヤン・ソッキョン

 

23週まで赤ちゃんが無事育つよう注視するソッキョンたち

 

状態が悪化し緊急手術に入るソッキョンですが、胎児を救うことはできませんでした

 

妊娠という期間、誰よりも近くで守ってきた自分の一部であった赤ちゃんが亡くなってしまう

 

f:id:hanfilm:20210625160527j:plain

 

その悲しみは想像することさえ難しいですね

 

患者にどう声をかけていいかわからないと言うソッキョン

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

슬기로운 의사생활(@hospitalplaylist_official)がシェアした投稿

(引用: 賢い医師生活公式インスタグラム)

 

覚悟を決めて部屋に入ります

 

後日、退院するときにを置いていった患者スジョン

 

添えられた手紙には、感謝の気持ちが書かれていました

 

ソッキョンがメールに書いて送った、産科の教科書の冒頭の言葉

 

Bad things at  times do happen to good people

 

時に悪いことは、いい人のもとに訪れる

  

自分の体に宿った命ゆえに、失った時自分を責めてしまうのは必然ですが

 

この言葉がスジョンには救いになったのでした

ユ・ギョンジンのケース

担当:神経外科チェ・ソンファ

 

世界的バイオリニスト、ユ・ギョンジン脳腫瘍の手術を担当することになるソンファ

 

母親は、腕組みをしたまま不信感を募らせます

 

ソンファレジデントと勘違いしていた母親は、横柄に接しますが、

 

ソンファ執刀医だと知った途端、態度が急変します

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

슬기로운 의사생활(@hospitalplaylist_official)がシェアした投稿

(引用: 賢い医師生活公式インスタグラム)

 

レジデントにも十分経験や知識があるんですよとやんわり指摘してくれるソンファ

 

手術には急遽ソクミンが助手として入ります

 

f:id:hanfilm:20210625160524j:plain

 

手術が無事終わり、患者の兄を紹介されるソンファ

 

抜け目のない母親です(笑)

ソンファの疲労

長時間の手術を終えたソンファ

 

すぐにソクチョに戻らなければなりませんが、疲労が募ります

 

疲れて眠ったソンファが起きた時には、カフェは閉まっていました

 

飲み物を買えず車に歩いていくと、ボンネットに乗った飲み物が。

 

それを見て笑顔になるソンファでした

 

果たして誰が置いていったのか

 

こんなことができるのってイクジュンしかいないのでは?😏

 

病院長から何かのお願いを断るソンファ

 

執刀のお願いかと思えば、ドイツの番組から取材のオファーが来たのでした

 

しかし、一緒に担当したレジデントたちの時間が合わないから断ったと言います

 

どこまでも仲間思いのソンファ、本当に欠点がありません…!

イ・ミンチャンのケース

担当:胸部外科キム・ジュナン

 

心拍の異常のある子どもミンチャンを診るジュナン

 

ミンチャンの心臓が限界だと説明を受ける母親はとても不安そうに見えます

 

それを見ていた小児科に通うウンジの母は歩み寄ります

 

「私たちはマラソン選手なのよ。まだまだこれからじゃない。」というウンジの母

 

f:id:hanfilm:20210625160520j:plain
 

先の見えない病院生活を思うと不安でいっぱいのはずですが

 

こうして傍にともに走り抜く仲間の存在を感じることは心強いでしょう

融資

部屋を借りるため融資を受けるジェハク

 

そういえばシーズン1で詐欺に遭っていたジェハク

 

今回は大丈夫でしょうか…

 

後半に続きます!

 

第2話レビュー後半はこちら↓

www.han-film.com