韓国映画・ドラマ、洋画レビュー HanFilm

おすすめの韓国映画、韓国ドラマ、洋画レビュー!社会派多め。

【韓国文学】『アーモンド(아몬드)』レビュー

f:id:hanfilm:20210714165153p:plain


こんにちは!HanFilmです🌸

 

今回紹介するのは、韓国文学

 

アーモンド

아몬드

 

 

(引用: @boooks_pick インスタグラム)

 

じわじわと人気を確立している韓国文学

 

そのトップを走っていると言っても過言ではない一作です。

 

無表情の少年の表紙、見たことのある方は多いのではないでしょうか。

 

著者はソン・ウォンピョン(손원평)小説家であり、映画監督でもある彼女。

 

2020年にはサスペンススリラー映画『食われる家族(침입자)』を監督しました。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

송지효(Song Ji Hyo)(@my_songjihyo)がシェアした投稿

(引用: ソン・ジヒョ公式インスタグラム)

 

本作は2017年に韓国で発表され、日本の「2020年本屋大賞」翻訳小説部門第1位を記録した長編小説です。

 

 

あらすじ

生まれつき扁桃体が小さく、感情を感じ取ることの難しい少年ユンジェユンジェは、「普通の子」のように生きることにこだわる母親に育てられ、生きてきた。ある事件をきっかけに一人になってしまったユンジェ。不良少年ゴニとの出会いをきっかけに、自身を取り巻く感情の渦に巻き込まれていく—。

感想

感情の渦中

感情を感じにくい少年ユンジェを取り巻く、目まぐるしいほどの感情の正体。

 

家族、友人と対峙し描かれる彼の疑問とそれぞれの答え。

f:id:hanfilm:20210714171740p:plain

騒々しいわけではないけれど、ユンジェの進む人生、その展開があまりに劇的です。

 

著者が映画監督としても活躍する方なので、映像として思い描くに難くない文章がとても読みやすいです。

f:id:hanfilm:20210714171726p:plain

感情の有無という対極をはっきりと表しながらも、やはりどこか捉えきれない感情というテーマ。

 

読んでいる間、絶えず心がざわざわしていました。

 

時に、主人公のように感情を感じないように装ってみようとしたり、読み進める行間の感情の正体を知りたくて、自身の経験と照らし合わせようとしてみたり。

 

感情の薄い少年を主人公にすることで、むしろ感情にフォーカスする内容になっています。

 

そして、異常なほどに感情的ゴニという友人の存在。その起伏を理解することができないユンジェは、常に彼の感情に疑問を持ちます。

 

感情を持たないユンジェは、論理的に感情を理解しようと、感情と言動を結びつけようとします。

 

f:id:hanfilm:20210714171621p:plain

普段、あまりに自然に沸き起こる感情。この2人の存在によって私たち読者は、客観的に感情というものを見つめることになります。

2人の怪物

対極にあってとても似ている人物というのは、割と物語の定石と思うのですが、劇中の主人公ユンジェとクラスメイトのゴニ、この2人が「似ている」と認識できたのは、読み終わって少ししてからでした。

 

単に私の理解力がスローだったせいでもありますが(笑)

 

劇中で「怪物」と表現される2人。感情を感じられないユンジェと感受性の強すぎるゴニ

 

f:id:hanfilm:20210714171643p:plain

 

それに対して私たち多くの読者はきっと、2人の「怪物」の間のどこかに漂う存在です。

 

かといって2人のように「怪物」的な一面が無いと断言してしまうことは、実はかなり困難ではないかと思います。

 

涙もろいとか、我慢強いとか、人それぞれの個性には程度がありますが、それは果たして生まれた瞬間から持っているものでしょうか。

 

f:id:hanfilm:20210714171705p:plain

ユンジェに生まれつき欠如したもの。それを補おうとする母親のエゴは、不器用な愛だったと思うのです。

f:id:hanfilm:20210714171613p:plain

ゴニが受けることのできなかったゴニの反抗はそれを求める叫びにも思えました。

 

映画化されてもおかしくないほどのドラマチックな内容ですが、行間という隙間があってこそ想像できることもあるので、小説で読んで良かったとも思える作品でした。

 

f:id:hanfilm:20210714171737j:plain

 

最後までご覧いただきありがとうございました☺️次の記事もお楽しみに!